ウォーキングデッドシーズンs8の最終回でなぜニ

Writer: admin Type: vannoyan Date: 2019-01-13 00:00
ウォーキングデッドシーズンs8の最終回でなぜニーガンはリックに対して涙を流したのですか?共感した0###二人の一騎打ちでニーガンが勝利を確信して、リックの10秒の説明を聞くところですよね? リックは「戦う理由はない」と言い、ニーガンは「俺にはある」と応えます。そしてリックが「カールが正しい」と言った瞬間、ニーガンはカウントダウンを始めます。先程、映像を確認しましたが、カールの名前が出た途端、ニーガンの殺気が一瞬止まり、空を仰いで「Ten...」と言う時点では目が潤んでいました。 ニーガンは何故だかカールのことを大変気に入っていて、将来救世主の幹部にと考えていたことを述べています。また、死期を知って敵である自分にまで手紙を書いてきたリックの息子を本当に欲している感はシーズン8を通して感じることがありました。 リックがニーガンの首をかき切る瞬間まで、カールの描いた「夢」をニーガンはニーガンなりに見ていたのかもしれません。シーズン8の2話「夢」で見せられる畑作業をしているニーガンの姿は、いったい誰の夢だったのか分からないままです。 少なくとも、カールの死に際に「必ず実現して見せる」と言っているニックの夢ではなかったのではないかと感じています。 カールの死を聞いたニーガンは「何が起きた?」とか「残念だ」と答えていることから、カールの夢にニーガンは本気で共感していたのかもしれませんね。 トーキング・デッドやメイキングなどで、涙の理由があかされるかもしれませんが、再度画像を見ると、カールが見た夢をニーガンが夢見ていたようにうつりました。そしてそれが実現できないことを悟ったような涙に見えました。それを証明するためのカウントダウンに聞こえます。ナイス0
###ニーガンにも良心があるということじゃないでしょうか。噂だとニーガンの物語がやるみたいです。ナイス0

 

TAG